投資と算盤

投資日記、日々の雑感

6/7 相場見通し・材料 

おはようございます。

 

NYダウ 25146.39 +346.41

 

CME日経先物 22755 +240

 

為替 110.13

 

・米IT株、マネー再び、時価総額、2月安値から68兆円増、アップル・アマゾン最高値、貿易摩擦避ける

世界の投資マネーが米国のIT(情報技術)株に戻っている。6月に入り、米アップルやアマゾン・ドット・コムが相次ぎ過去最高値を更新。アップルは米市場初の時価総額1兆ドルが間近に迫る。リスクを取る姿勢を回復した投資家が米中貿易摩擦などをにらみ、影響を受けにくい成長力のある銘柄を物色している。
 5日終値で計算した米IT大手5社の時価総額は合計3・9兆ドル(約430兆円)。米長期金利の急騰をきっかけに金融市場が動揺した2月上旬から6200億ドル(約68兆円)も増加した。

 

・QR決済、統一へ動く、実現へ、年内にも指針、キャッシュレス化に弾み

経済産業省はQRコードを使った決済の規格統一に乗り出す。規格が分かれたまま普及が進むと、消費者や小売店の利便性を損ねると判断した。大手銀行にヤフーや楽天などを加えた協議会を立ち上げ、年内にも統一に向けた行動指針をつくる方針。実現すれば、モノやサービスの売買に現金を使わないキャッシュレス化が加速しそうだ。

 

ソフトバンクに行政指導、総務省、販売店に割引指示で

総務省は6日、スマートフォンスマホ)など携帯端末の販売店に対する実質的な割引の指示をやめるようソフトバンクに行政指導した。ソフトバンクは1月、関西の販売会社に対して1台あたり最大で1万円の値引きを書面で求めていたことが判明。本来は販売店が決める端末価格の競争を阻害しかねないとみて、再発防止を求めた。

 

・インド、0.25%利上げ、4年5カ月ぶり、インフレを抑制

インド準備銀行(中央銀行)は6日、政策金利を0・25%引き上げて6・25%にすると決め、即日実施した。利上げは2014年1月以来、4年5カ月ぶり。原油高や通貨ルピー安を背景に物価が上昇しているため、利上げでインフレ抑制をねらう。18年1~3月期の実体経済が堅調なことも利上げ判断を後押しした。

 

モーニングサテライト抜粋

為替 ドル円予想 109.70円~110.60円

NY市場で110.28まで円安が回復。NYダウの急騰を背景に、110円台前半を中心に底堅い展開を予想。来週イベントが多く控えており、大きな上昇は見込めないとの見方、

株式 日経平均予想 22700円~22900円

NYダウの急騰、堅調な為替を背景に買い先行で始まると予想。ただし、来週のイベントを前に23000円台回復は難しいとの見方。株主総会シーズンに注目。過去は総会前は下落、その後上昇する傾向がある。買収防衛策を廃止する企業も増えており、株主との対話が進んでいる。

 

 

本日も頑張りましょう。

 

6/6 相場見通し・材料

おはようございます。

 

NYダウ 24799.98 -13.71

 

CME日経先物 22545 -10

 

為替 109.83

 

・仮想通貨交換業、初の登録拒否へ、金融庁、「みなし」1社を

金融庁は仮想通貨交換業者の登録を初めて拒否する方針だ。対象は改正資金決済法に基づく正式な登録に至っていない「みなし業者」1社で、交換業を手がける体制が整っていないと判断した。金融庁はずさんな業者に撤退を迫り健全な取引環境を再整備する姿勢を鮮明にする。対象はFSHO(エフショー、横浜市)。犯罪の疑いがある取引での確認やシステムリスクの管理態勢が不十分だったと金融庁から業務停止命令を受けた。7日に業務停止期間が終わる。

 

・「我々はポピュリズム政権」、コンテ伊首相が所信表明

イタリアの新首相に就いたジュセッペ・コンテ氏は5日、議会上院で所信表明演説をした。新政権がポピュリズム大衆迎合主義)政権と呼ばれていることについて「市民の声を聞くのがポピュリズムならば、我々はその通りだ」と述べた。新政権は上下院の信任を経て正式に始動する。

 

・議事録AI、手軽に、オカムラと日本IBM

オフィス家具大手のオカムラと日本IBMは働き方改革向けシステムの販売で協業する。IBMの人工知能(AI)「ワトソン」を応用した議事録作成システム「トークビュー」を開発し、オカムラが7日に発売する。働き方改革法案が今国会で成立する見通しであることを追い風に、会議の効率化などを模索する顧客企業に売り込む。

 

半導体市場、陰る勢い、19年の規模、3年ぶり1桁成長、メモリー増産、価格下落

世界の半導体市場の拡大ペースが鈍化するとの観測が出てきた。主要半導体メーカーの見通しをまとめる世界半導体市場統計(WSTS)は5日、市場規模は2018年まで毎年2桁拡大するが、19年は4%増と3年ぶりの1桁成長にとどまるとの予測を発表した。

 

JR東海、稼ぐ力突出、乗客1キロ運ぶ利益、競合の3倍、東海道新幹線、株価支える

国内の長距離輸送で競合するJR各社と航空2社の収益力を比較したところ、東海道新幹線を擁するJR東海の稼ぐ力が突出していた。安定した収入をリニア中央新幹線など先行投資に使い一段の成長を目指す。対抗する航空2社は格安航空会社(LCC)や国際線に活路を見いだすが、稼ぐ力の差は株価の勢いの差として現れている。

 

モーニングサテライト抜粋

為替 ドル円予想 109.40円~110.40円 JPモルガン 佐々木

ユーロのQE縮小の思惑より、ユーロが買い戻される。ドル円は横ばいで推移。110.20を巡る攻防に注目。200日移動を超え、上抜けして111円台へ向かうとの見方。世界経済成長加速が背景。ただしドルが独歩高にはなりにくく、ドル円は大きく上昇はしないと見ています。

 

株式 日経平均予想 22400円~22600円

材料不足で、売買は手控えら小動きを予想。裁定解消売りに要警戒。買い残が日経平均に影響しており、5月水準まで積みあがっている。SQに向けロールオーバーは進んでいるが、通過後の裁定解消売りに注意。その他のイベント通貨後にも警戒が必要と見ています。

 

 

本日も頑張りましょう。

本日のレーティング

みずほ
タカラバイオ(4974)買い→中立 2030円→2500円
中部電力(9502)買い→中立 1700円→1800円
東北電力(9506)買い→中立 1700円→1500円

三菱
コマツ(6301)新規N 4200円
日立建機(6305)新規N 4400円

 

東海東京
ヨシックス(3221)ニュートラル→アウトパフォーム 3360円→4100円

岡三
中部電力(9502)強気→中立 1610円→1830円

 

岩井コスモ
ラック(3857)新規A 2000円
綜研化学(4972)新規A 2800円

5/30 相場見通し・材料

おはようございます。

 

NYダウ 24361.45

 

CME日経平均先物 22040

 

為替 108.67

 

・FX証拠金倍率、健全性低い業者は上限下げ、金融庁

金融庁外国為替証拠金(FX)取引で、25倍としている証拠金倍率(レバレッジ)の上限を事業者ごとに変える方針を固めた。相場急変に耐えられる経営体力を持っているか厳しく評価し、健全性の低い事業者には自己資本の積み増しや倍率の引き下げを求める。健全な事業者に取引が集まれば、業界の淘汰が進みそうだ。

 

スルガ銀行員、書類改ざん主導か、中古アパート融資で

女性専用シェアハウスの投資トラブルで所有者側弁護士は29日、スルガ銀行社員がシェアハウスとは別に中古アパート融資でも審査書類改ざんを主導していたと明らかにした。対話アプリを使い物件販売会社に借り入れ希望者の資産額の水増しなどを指示したという。

 

・イタリア国債急落、長期金利一時3.4%、政局混乱を懸念

金融市場でイタリアの国債や株式への売りが止まらない。ポピュリズム大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」は大統領主導の実務者内閣を拒否し、早期の再選挙を要求した。混乱の長期化による経済停滞を嫌気し、イタリア10年物国債価格は急落。利回りは2014年3月の水準にまで上昇した。

 

・5G前哨戦、動画で火花、KDDI、ネットフリックスと提携、視聴セット、単価上げ

KDDI(au)は29日、米動画配信大手のネットフリックスと提携すると発表した。動画視聴と通信を組み合わせた国内初の料金プランを夏以降に導入する。NTTドコモもスポーツ動画のDAZN(ダゾーン)と組み契約者を伸ばしている。次世代通信方式「5G」の商用化をにらみ、1人当たりの通信量や単価の引き上げにつながる動画を取り込む動きが広がっている

 

 

モーニングサテライト抜粋

為替 ドル円予想 108.00円~109.20円

イタリア政情不安から108円前半まで円高が進行。日本時間でも円高の流れが続くと見ています。ユーロ円が123円半ばで下げ止まれば、ドル円も落ち着くとっ見ています。

株式 日経平均予想 21800円~22100円

先物ではすでに22000円割れもあり、ザラバ中にも割る可能性があるとの見方。明暗分かれる内需に注目。不動産セクターに上昇余地あるとの見方。日銀政策による低金利や1株利益の割にTOPIX不動産指数が買われていないことから、上昇余地があると見ています。 ただし、空室率5%を超えてくると賃料の下落リスクから注意。

 

本日も頑張りましょう。

本日のレーティング

岡三
日本ユニシス(8056)中立→強気 2250円→3150円
ベネッセ(9783)新規中立

岩井コスモ
ケンコーマヨ(2915)新規A 4700円
ニチダイ(6467)新規B+ 1250円

大和
テクマトリックス(3762)2→1 2180円→2560円

みずほ
ヒロセ電機(6806)UP→N 13900円→14000円

CS
カカクコム(2371)UP→N 1400円→2100円
ぐるなび(2440)N→UP 1500円→770円

5/28 相場見通し・材料

おはようございます。

 

NYダウ 24753.09 -58.67

 

CME日経先物 22345 +30

 

為替 109.77 

 

・JCOM、CATVでネット動画、ネットフリックスと提携

ケーブルテレビ(CATV)最大手のジュピターテレコム(JCOM)は動画配信大手の米ネットフリックスと提携する。2019年秋からネットフリックスのインターネット動画をCATVの受信機で見られるようにする。JCOMは若年層を取り込み、ネットフリックスはJCOMの顧客基盤の中心である高齢者にコンテンツを届ける。

 

・欧州景気にブレーキ、企業景況感、4カ月連続悪化、米保護主義に警戒感

欧州経済の拡大にブレーキが掛かり始めた。2017年後半の急成長の反動だけでなく、米国の保護主義の高まりなどへの警戒感が企業心理に悪影響を与え始めた可能性がある。米国による自動車関税の引き上げやイタリアの新政権の政策など新たなリスクも浮上してきた。欧州中央銀行(ECB)が緩和縮小のペースを緩めるとの観測からユーロ安も進んでいる

 

・次世代データ軸に投資、スパークス、500億円規模ファンド

スタートアップ企業に投資する「未来創生ファンド」を運用するスパークス・グループは、2号ファンドを立ち上げる方針だ。阿部修平社長が日本経済新聞に対し、「早ければ6月から募集を始め、年内に500億円規模を集めたい」と語った。人工知能(AI)や量子コンピューターなどデータを軸にした次世代技術に投資する考えだ。

 

モーニングサテライト抜粋

為替 ドル円予想 109.20~110.20

地政学的リスクより109円台後半を中心にに110円台を伺う展開を予想。ドル高基調に変化の兆しに注目。サポートラインは107.99円との見方。ユーロドルについては、1.15ドルあたりがサポートラインになると見ています。

株式 日経平均予想 22350円~22650円

南北首脳会談や米国の出方に変化。メモリアルデーで休場薄商いには注意。6/13邦人企業景気予測調査に注目。4半期ごとに発表され、今期の企業決算と相関がみられる。直近の経済指標をみると、下振れの可能性あると見ています。

 

本日も頑張りましょう。

本日のレーティング

岡三
横浜ゴム(5101)強気→中立 2740円→2660円

いちよし
新晃工業(6458)B→A 2000円→2500円

丸三
EMシステム(4820)買い→中立

 

みずほ
日本ユニシス(8056)中立→買い 2220円→3300円

SMBC日興
キリンHD(2503)2→1 3050円→3600円
IHI(7013)2→1 3500円→5500円

三菱
三菱地所物流(3481)新規ニュートラル 301000円