投資と算盤

投資日記、日々の雑感

本日のレーティング

大和
ジャフコ(8595)2→3 5800円→5900円

三菱
エアウォーター(4088)新規ニュートラル 2180円
大陽日酸(4091)新規ニュートラル 1380円
アオイ電子(6832)バイ→ニュートラル 3900円→5500円

東海東京
国保証(7164)ニュートラル→アウトパフォーム 4600円→5300円
メニコン(7780)アウトパフォーム→ニュートラル 4350円→5070円

岩井コスモ
竹内製作所(6432)新規A 2700円

岡三
石油資源開発(1662)新規中立 2300円
京王電鉄(9008)新規中立 4960円
日立物流(9086)新規中立 2960円

10/24 相場見通し・材料

おはようございます。

 

NYダウ 23273.96 -54.67

 

CME日経先物 21665 +110

 

為替 113.44

 

 

日経平均、15日続伸、過去最長、与党圧勝を好感

東京株式市場で23日、日経平均株価が15営業日連続で上昇した。終戦後の1949年5月に東京証券取引所が取引を再開して以来、最長の連騰記録となった。衆院選で与党が圧勝し、政権が進めるアベノミクスや緩和的な金融政策が継続するとの安心感が広がった。企業業績の拡大に対する期待もあり、外国人投資家を中心に幅広い銘柄に買いが入った。

 

・欧州各地に分離の火種 独立、政府やEUが壁

「独立賛成」が多数を占めたスペイン・カタルーニャ州住民投票に続き、イタリア北部の2つの州の投票でも自治権拡大を求める住民が9割を超えた。フランスや英国にも独立の住民投票を求める動きがある。いずれもただちに分離独立につながる可能性は低いが、国家の求心力低下を指摘する見方もある。

 

・安川電「ロボ需要高まる」 政権の生産性改革に期待 4~9月純利益2.5倍

「ロボットなどの需要は今後高まる」――。衆院選の投開票から一夜明けた23日、安川電機の小笠原浩社長は2017年4~9月期の決算発表で記者会見し、安倍晋三政権が進める生産性改革に期待感を示した。中国の動向にも強気で、「中国製造業の自動化需要は拡大が続く」と述べた。

 

ビットコイン、きょうにも再分裂 香港企業が主導

 代表的な仮想通貨ビットコインが24日に再び分裂する公算が大きくなっている。8月に新通貨「ビットコインキャッシュ(BCH)」が分裂したのに続き、今度は香港企業が中心となり「ビットコインゴールド(BTG)」を分裂させる方針を表明している。国内の取引所は慎重な姿勢を示している。

 

モーニングサテライト抜粋

為替 ドル円予想 112.80円~113.90円

長期的なユーロ高目線。欧州は好景気ではあるが、低金利が続いていいる。今後は徐々に債権買い入れプログラムの調整がはじまり、金利上昇→ユーロ高になるとの見方です。 

株式 日経平均予想 21550円~21750円

本日は米国市場下落を受け調整となりそうだが、連騰の可能性もあると予想。選挙後の外国人投資家動向に注目。日本株の上昇は先物が主導してきたため、売りに回る可能性もある。しかしながら直近現物買いが増えており、今後は外人の現物買いが継続するかがポイントになるとしています。

 

連騰記録更新できるかは微妙なところです。選挙も終わり外人がいったん売り回る可能性がありますが、現物の買いが継続すれば上昇は続くと見ています。また、仮に下落しても、日銀の買い支えが緩衝材になるでしょう。企業決算が本格化しますので、今後は業績動向を見極めながら機敏に動いていこうと思います。

 

 本日も頑張りましょう。

本日のレーティング

CLSA
大成建設(1801)アウトパフォーム→アンダーパフォーム 5750円→6400円
鹿島(1812)買い→アンダーパフォーム 1200円→1225円

丸三
オルガノ(6368) 新規買い 3500円

おはようございます。

 

NYダウ 23328.63 +165.59

 

CME日経先物 21550 +215

 

為替 113.53

 

日経平均、57年ぶり14日続伸、「大いなる安定」いつまで、世界株高、過度の楽観が火種

日本株への資金流入が続いている。20日の東京株式市場で日経平均株価が57年ぶりに14日連続で上昇した。世界景気が回復を強め、海外投資家が日本企業の業績拡大と株価の出遅れ感に着目して買っている。

 

FRB議長 3氏軸
⚪︎イエレン氏・・利上げ慎重な姿勢で知られ、米景気を息の長い回復局面に導く。トランプ氏も評価
⚪︎パウエル氏・・FRB理事。元財務次官で共和党に近い。イエレン議長支持。ウォール街にも近い
⚪︎テイラー氏・・経済指標「テイラールール」の提唱者。政策金利機械的

 

・グーグル、米配車2位に1000億円超、ライドシェア提携相次ぐ、「自動運転タクシー」めざす

「自動運転タクシー」の実現に向けライドシェア業界で提携が相次いでいる。19日、米2位のリフトは米グーグル系のベンチャーキャピタル(VC)を通じ10億ドル(約1126億円)の出資を受け入れたと発表。米首位ウーバーテクノロジーズもソフトバンクグループからの出資交渉が大詰めを迎えている。米配車大手を巡り、IT(情報技術)産業の巨人がぶつかり合う格好だ。

 

・中国国民「やむなくEV」 ガソリン車規制でナンバー取得困難 補助金・規制免除後押し 

中国が国をあげた電気自動車(EV)シフトを進めている。外資の生産工場を呼び込み、次世代車の技術を自国に集めて産業の覇権を獲得しようとする野望が透ける。ただ足元でEV市場が急速に伸びるのは、大気汚染や都市部の渋滞を緩和しようと政府がガソリン車を規制するためだ。航続距離が短いEVを渋々ながら購入する消費者が、中国を世界最大のEV大国へと押し上げている。

 

日経は歴史的な記録15連騰に挑戦します。為替も113円台半ばまで円安が進行しており、記録達成の可能性は高そうです。しかしながら、日経平均が56年ぶり14連騰をしているわりには、馬鹿勝ちしている人をあまり聞きません。空売りの踏み上げでやられた人も私の周りに多数います。特に新興株買い、日経ショートで対応していた人が一番やられています。今後新興市場への資金還流に期待したいですが、日経の調整に合わせ新興株も下落するパターンには注意が必要と見ています。

 

モーニングサテライト抜粋

為替 ドル円予想 113.40円~114.70円

海外では113.57円までドル高となったが、日本の選挙をうけて113.90円前後へ急伸しています。東京市場では、もう少し円安ドル高方向に進むとみています。

株式 日経平均予想 21400円~21650円

本日は15連騰になると予想。衆院選を終えて材料出尽くしになることもないと見ています。まだ上昇相場は続くとの見方です。

 

週末の米国市場の上昇と、衆院選の結果をうけて15連騰は固いと見ています。ただ、日経平均は歴史的な連騰をしているものの、大勝している人がほとんどいません。空売りの踏み上げでやられている人が一定多数います。新興株買い、日経ショートで対応していた人が1番大負けした可能性が高いです。大型→小型になるのか、はたまた小型→大型がさらに進行するのか、選挙後の動きに注目しています。

 

本日も頑張りましょう。

 

 

本日のレーティング

野村
キリン(2503) Buy→Neutral 2800円→3000円
アサヒグループ(2502) Buy→Buy 5500円→6000円

ドイツ

横浜ゴム(5101) 新規バイ 3000円

東洋ゴム(5105) 新規バイ 3100円

スタンレー電気(6923) 新規バイ 4700円

小糸製作所(7276) 新規バイ 8400円

住友ゴム(5110) 新規ホールド 2000円

JPM

ヤクルト(2267) ニュートラル→オーバーウエイト 6400円→11000円

みずほ

島忠(8184) アンダーパフォーム→中立 1800円→3400円

SMBC日興

GMO(9449) 新規1 1900円

住友鉱山(5713) 2→1 4060円→5000円

岩井コスモ

キリン堂(3194) 新規+B 1650円

ファーストリテイリング(9983) 新規+B 41000円

10/20 相場見通し・材料

おはようございます。

 

NYダウ 23119.00 +5

 

CME日経先物 21335 -115

 

為替 112.56

 

 

日経平均13日続伸、29年ぶり、海外投資家がけん引

日本株の上昇が続いている。19日の東京市場日経平均株価は13営業日続伸し、1996年10月以来となる21年ぶりの高値をつけた。13日続伸は29年8カ月ぶり。企業業績への期待に加え衆院選は与党優位との見方が先行きへの安心感につながり、外国人投資家の資金が日本株を押し上げている。

 

・スペイン政府、カタルーニャ自治権停止手続きへ

スペイン政府は19日、北東部カタルーニャ州の独立問題に絡み、21日にも同州の自治権停止の手続きに入ると発表した。同州政府は中央政府が州の地位を巡る協議に応じなければ正式な独立宣言に踏み切る考えを示した。

 

・中国景気、緩やかに減速、習氏、成長より調和重視、環境改善やバブル抑制

中国の2017年7~9月期の実質成長率は前年同期比6・8%と、4~6月期から0・1ポイントの小幅な減速となった。金利上昇や当局によるバブル退治で民間投資や不動産販売が鈍った。環境規制の強化も生産に影を落とし、財政で景気全体を支える構図だ。習近平国家主席は、環境などと調和した経済成長の「質」を重視する方針。景気の減速が緩やかな限り、環境改善を優先する構えだ。

 

・孫氏 次の「10兆円ファンド」

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は19日、世界のIT(情報技術)関連ベンチャー企業に投資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の第2弾を設立する考えを明らかにした。今後2~3年で立ち上げ、順次ファンドの数を増やしていくという。資金の出し手は明らかにしなかったが、実現すれば世界の情報産業をつなぐ「ソフトバンク経済圏」がさらに広がる可能性がある。

 

・投資動向

投資部門別【株+先物】 17年10月2週 億 
 
自己…▲2080 
個人…▲3315 
海外…7681 
信託…▲2961 
証券…▲299 
投信…▲909 
法人…▲377 
他法…18 
生損…▲61 
銀行…2474 
他金…102
 
投資部門別 【株式2市場】 17年10月2週 億 
 
自己…563 
個人…▲3475 
海外…4594 
信託…▲441 
証券…▲242 
投信…▲288 
法人…▲396 
他法…4 
生損…▲91 
銀行…▲91 
他金…59
→外国人3週連続買い越し。個人5週連続売り越し。信託は2週ぶりに売り越し。
 

モーニングサテライト抜粋 

為替 ドル円予想 112.00円~113.00円

海外では円高が優勢で、112円半ばで推移している。今後はFRB議長が決定するまで静かな相場展開となりそうとの見方。当面はレンジ相場になると予想しています。

株式 日経平均予想 21300円~21450円

日経平均は急ピッチな上昇で、利食い売りも出やすくなっています。本日は様子見の相場展開になるとの見方。57年ぶりの14連騰への更新は微妙な状況。ただし、本日下げてもスピード調整程度と見ています。日経平均は22000円を目指すとしていますが、11月下旬で頭打ちになると予想。

 

日経はついに29年8ヶ月ぶりの13連騰です。NYダウは一時100ドル以上下落したものの、+で戻ってきました。短期過熱感や週末要因もあり本日上昇するかは微妙なところです。先物市場では日経が300円近く下落する場面もあり、SNS上では市場は天井を打ったと盛り上がっていましたが、そうは問屋は卸さないと見ています。株価的にも300円下げたところで1%程度の下落であって通常の調整の範囲ないです。本格的調整があるとすれば1000円近い下落がきてからと考えています。

 

本日も頑張りましょう。

 

 

本日のレーティング

大和
キャピタルアセット(3965) 新規1 3000円
ビックカメラ(3048)3→2 1200円→1500円

三菱
牧野フライス(6135)オーバーウエイト→ニュートラル 1200円→980円

SMBC日興
コンコルディア(7186)1→2 600円
スルガ銀行(8358)1→2 2900円→2500円

CLSA
住友不動産(8830)買い→アウトパフォーム 4100円

UBS
いすゞ(7202) 新規バイ 2000円
日野自動車(7205) 新規バイ 1700円

東海東京
Hamee(3134) 新規アウトパフォーム 1950円
澁谷工業(6340) 新規アウトパフォーム 4840円